読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(17):チュートリアル(6)〜ObjectContainerDataSourceの利用〜


Web Client Software Factoryでは、独自に提供しているデータソースコントロールを使用して、データバインドできる。

  • ツールボックスにObjectContainerDataSourceコントロールを表示させる手順は次の通り。
    • (1)ツールボックスのデータタブで右クリックして、[アイテムの選択]をクリックする。
    • (3)[ツールボックスアイテムの選択]ダイアログに「ObjectContainerDataSource」が追加される。


    • (4)[OK]をクリックすると、ツールボックスに「ObjectContainerDataSource」が追加される。この設定によって、ドラッグ&ドロップでObjectContainerDataSourceコントロールをページに配置できるようになる。