読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(21):チュートリアル(10)〜ページ(コードビハインド)の実装〜

ページ(コードビハインド)の「ViewAll.aspx.cs」にロジックを記述する。

  • (1)インターフェース「IViewAll」に定義したAuthorsプロパティを実装する。
public IList<Author> Authors {
    set {
        ObjectContainerDs.DataSource = value;
    }
}

ソースコードは次のようになる。

using System;
using System.Data;
using System.Configuration;
using System.Collections;
using System.Web;
using System.Web.Security;
using System.Web.UI;
using System.Web.UI.WebControls;
using System.Web.UI.WebControls.WebParts;
using System.Web.UI.HtmlControls;
using Microsoft.Practices.ObjectBuilder;
using MyWcsf.AuthorsBL.Views;

using MyWcsf.AuthorsBL.Entity;
using System.Collections.Generic;

public partial class AuthorsBL_ViewAll : System.Web.UI.Page, IViewAll {
    private ViewAllPresenter _presenter;

    //WCSFが生成するコードひな形
    //  Page_Load時にはPresenterクラスのOnViewLoadedメソッドを、
    //  初期表示時にはOnViewInitializedメソッドを呼び出す
    protected void Page_Load(object sender, EventArgs e) {
        if (!this.IsPostBack) {
            this._presenter.OnViewInitialized();
        }
        this._presenter.OnViewLoaded();
    }

    //Presenterプロパティ
    //(ObjectBuilderによって自動的にセットされる)
    [CreateNew]
    public ViewAllPresenter Presenter {
        set {
            this._presenter = value;
            this._presenter.View = this;
        }
    }

    //Authorsプロパティ
    //Page_Load時にPresenterからセットする
    public IList<Author> Authors {
        set {
            //ObjectContainerDataSourceコントロールのデータソースとして設定
            ObjectContainerDs.DataSource = value;
        }
    }

}