読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WindowsでTailコマンドを扱える「LogExpert」

tool

Linuxでは「tail -f ファイル名」コマンドを使うと、ファイルの最新内容を簡単に表示することができます。しかし、Windowsコマンドプロンプトでは、その機能は使えません。
そこで便利なツールがドイツ製のオープンソース「LogExprert」ですLogExprertは、ファイルの変更を検知して、表示をリフレッシュしてくれるGUIツールです。

LogExpertには、検索、フィルター、ブックマーク機能が備わっています。
このスクリーンショットではjqueryという単語で検索をしてハイライト表示しています。行頭のバーをクリックして、特定行をブックマークしてコメントでメモすることもできます。画面の下部は、「404」という文字でフィルター表示しています。
マルチファイルも扱えるので、ログ解析時に便利です。

LogExpertは本家サイトとCodePlexからダウンロードできます。ライセンスはMITです。

LogExpertのホームページ。


上記のように日本語も扱うことができます。

また、設定画面ではフォント等を設定できます。

ちなみに、LogExpertのトップページの説明は次の通り。

  • Windowsで動くtailアプリケーションをさがしていますか?
  • パワフルなログ解析ツールをさがしていますか?
  • ログファイルが好きですか?
  • ログファイルの世界に住んでいますか?
  • そんなあなたにLogExpertがおすすめです。

多機能なログ解析ができるので、Windowsでの開発時におすすめのツールですね。


2014年2月追記

2015年4月追記