読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacからWindowsへリモートデスクトップ接続する時の注意点(日本語/ENキーボード誤認問題など)

MacOSからWindowsリモートデスクトップでつなぐツールと注意点の紹介です。

[旧アプリ] Remote Desktop Connection for Macの場合

Remote Desktop Connection for Mac」は、5年ほど前から存在するMicrosoftリモートデスクトップクライアントです。
MacでRDPファイルをダブルクリックすると、サーバー名(必要があればコロンの後にポート番号)を入力して「接続」をクリックします。



次に「ユーザー名」「パスワード」「ドメイン」を入力するダイアログが出ますので、適切に入力して接続します。注意点として、サーバーにドメインを使わずユーザー名とパスワードだけの場合(Azureに接続する場合やWorkgroupの場合)は空っぽに変更します。



[新アプリ] Microsoft Remote Desktopの場合

Microsoft Remote Desktopは2013年10月にMicrosoftに公開された新しいリモートデスクトップクライアントです。(同タイミング、同名でAndroid・iPhone用リモートデスクトップクライアントも公開されました)
こちらではドメイン入力欄がないので、ドメインユーザーの場合は「ドメイン名\ユーザー」と入力します。

接続先のリスト管理機能が備わっている反面、キーボードショートカットのカスタマイズ機能が備わっていないので、今一歩です。ただ、今後はこちらが主流となるものと思われます。

[注意点] MacBookでリモデ時に日本語キーボードが認識されない問題

MacBookの場合、MacOSクライアントに加え、VMWare FusionのWindowsOSでも、106/109キーボード(日本語JISキーボード配列)と認識せず、101/102 US EN英字キーボード配列と認識されてしまう問題があります。リモートマシン側で事前に自動ログインを行うことで回避することが定番のようですが、サーバー運用としては微妙なので、最初のログインのみWindowsPCでログインするのが良いと思います。(逆にMacマシンのユーザーが最初にログインした場合はログオフするように言っておかないと、WindowsPCを使う人も困りますね)