12年かけてIT技術記事を100本書いたよ

会社でアドベントカレンダーを書くことになり、ネタを考えていたところ、Webで書いた記事が100本を超えていることに気づきました。

「あー、12年もかけて100本も書いたんだなー」ということでざっくり振り返ってみました。

印象に残っている記事

たくさん書きましたが5本ほどピックアップしてみました。

好きなことをアピールできた「アジャイルサムライ」

www.infoq.com

こういうレポート系は滅多に書かないのですが、自分のアジャイルへの熱い思いがひしひしとした入っていて、感慨深いものがあります。 日本ではアジャイルが流行らないのかなぁと残念に思った時期もあり、最近普通になってきたことが嬉しい限りです。

エンジニアとの新しい出会いがあったよ「Seasar.NET」

codezine.jp

記事自体書くのも大変でしたし、当時ブームだったDIについて書き、理解できて楽しかったという思い出があります。 記事を読んだ当時のリーダーの杉本さんに誘っていただき、Seasar.NETのコミッタになり、Seasar界隈のいろいろな人な出会いがあったのが懐かしいです。

メディアの立ち上げに関われて嬉しい「log4net

codezine.jp

Webメディアの「CodeZine」が2005年に始まったときに書いた記事です。この記事の番号(URL)は71番ですが、最近は1万番を超えていて、 感慨深いものがあります。 立ち上げ当時は翔泳社さんにこの記事を結構プッシュしてもらえたことが懐かしいです。

うまくかけた& 読まれてる「Visual Studio & GIT」

codezine.jp

自分がGitを勉強したいなぁーという理由で書いたのですが、VisualStudioをクライアント、VSTSのGITをサーバとした、チュートリアルがいい感じで一筆書き(重複なく、説明が前後しない)できた満足できる記事でした。 うまくかけた記事のPVがいいかというと全くそんなことは無いのですが、この記事はPVもまあまあ良かったので、嬉しい限りでした。 そのうちVS2017版を書きたいとは思いつつ、結構たいへんなので、そのうち・・・

共著したよ「@IT記事など」

最近はほとんどしてないですが、7本ほど、同僚と執筆しています。 執筆を勧めた方が今も書いていたりするとなんとなく嬉しい気持ちになります。 ちなみに当時はJavaがすごい盛り上がっている時代で、その時の@ITのJavaTipsにかけるなんて嬉しいーという記憶がありました。

なぜ100本も書いたのか

今の仕事と直結しない、将来的に重要な技術を深く学ぶためかもしれないです。例えば今書いているIDDD連載がそのひとつです。DDD(ドメイン駆動設計)が重要な技術で、それを理解し、わかりやすく周りの人に伝えたいという思いがあります。

codezine.jp

今の仕事に直結するビジネス書や技術書は必要に迫られて読みますが、今すぐ追わなくても良い主要技術や最新技術やきっかけがないと理解は困難です。深く理解するためにはアウトプットすることが一番だと思っています。アウトプットはブログでも良いのですが、性格的に締切があって多くの人に見てもらう商用記事のほうがあっているようです。 また、自分がどういう技術が好きかということをアピールすることは、エンジニアとして生きやすくなります。自分の熱い技術について自己開示することは、素敵な仲間を集めるときにも有効に働きます。同じ関心がある人と話すことは、理解を深めたりモチベーションを維持するために有効に働きます。

mayonez.jp

記事を書きたい方は

ちなみに執筆テクニックを身につけたい方は、身近に執筆経験者がいれば、その方に相談してみると良いかと思います。 また、私が参加しているWINGSプロジェクトのようなIT執筆を得意とするプロジェクトもありますので、そういうチームに参加して、執筆をしてみるのも良いかと思います(山田さんいつもありがとうございます)。

www.wings.msn.to

正直、執筆を続けることは大変なのですが、書かなかったら書かなかったらで後悔するので、仕事に支障ない限りで今後も地道に書き続けていけたらと思っています。 執筆に興味をもたれた方は、執筆の世界に踏み込んでみてはいかがでしょうか。

会社のアドベントカレンダーの記事

ちなみに冒頭で書いたアドベントカレンダーの記事はこちらになります。よろしければ、こちらもご覧くださいませ。

blog.nextscape.net

過去記事インデックス

ご参考まで、過去のWeb記事一覧です。

www.buildinsider.net www.infoq.com www.infoq.com www.infoq.com www.infoq.com www.infoq.com http://technet.microsoft.com/ja-jp/sqlserver/sql_katsuyo.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/sqlserver/sql_katsuyo08.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/sqlserver/sql_katsuyo10.aspx

codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp codezine.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp news.mynavi.jp

Strutsベースのアプリケーション環境を用意(AppFuse):JavaTips 〜Apache/Jakarta編 - @IT

Antでwarファイルを作成する:JavaTips 〜Apache/Jakarta編 - @IT

MergeDocでEclipseのポップアップ表示を日本語化する:JavaTips 〜Eclipse活用編 - @IT

Eclipse 3.0のインストールと日本語化を行う:JavaTips 〜Eclipse活用編 - @IT

Strutsでコンフィグレーションファイルを分割する:JavaTips 〜Apache/Jakarta編 - @IT

Antの活用(ファイル操作):JavaTips 〜Apache/Jakarta編 - @IT

Strutsのプラグインを作る:JavaTips 〜Apache/Jakarta編 - @IT

Antの活用(ファイルセットの利用):JavaTips 〜Apache/Jakarta編 - @IT

POIを使用してJavaからExcelデータを読み込む:JavaTips 〜Apache/Jakarta編 - @IT

Antでアプリケーションのデプロイ作業を効率化する:JavaTips 〜Apache/Jakarta編 - @IT

Strutsの設定ファイルから仕様書を生成する:JavaTips 〜Apache/Jakarta編 - @IT

POIを使用してExcelの書式を設定する:JavaTips 〜Apache/Jakarta編 - @IT

EclipseでライブラリとJavadocを関連付ける:JavaTips 〜Eclipse活用編 - @IT

POIを使用してJavaからExcel出力を行う:JavaTips 〜Apache/Jakarta編 - @IT

Eclipseでライブラリとソースコードを関連付ける:JavaTips 〜Eclipse活用編 - @IT

Eclipseのソース管理にVisual SourceSafeを活用:JavaTips 〜Eclipse活用編 - @IT

Eclipseのソース管理にVisual SourceSafeを活用:JavaTips 〜Eclipse活用編 - @IT

EclipseのCVS機能で排他的な開発を行う:JavaTips 〜Eclipse活用編 - @IT